シトルリンを摂取すると血管が健康になるため、中高年になっても元気でいられます

トップページ
お気に入りに追加
  

シトルリンを摂取すると血管が健康になるため、中高年になっても元気でいられます

シトルリンは、約100年前にスイカから発見されたアミノ酸です。

外国では、血流改善や動脈硬化の予防、精力増強、あるいは疲労を除去する医薬品として販売されてきています。

 

シトルリンの効能としては、血管を拡張させたり、血管の柔軟性を維持することによって血流を良くすることが挙げられます。

血流が良好であると、若いころのように興奮すれば身体が熱くなりますし、汗をかきます。

 

また、運動をしても息切れすることなく長い時間、走り続けることも可能です。

 

さらに、シトルリンの効能としては、末梢血管の血流を良くすることによって、冷え性やむくみが改善されることが挙げられます。

そして、筋力トレーニングをすれば筋肉がついていき、精力が増強することによって、60代になってもパートナーと満足のいく性生活をおくることができます。

 

実際に、医学の研究者たちが、50代の男性と女性にシトルリンを摂取してもらい、そのあと20分おきに赤外線サーモグラフィを使用して測定したところ、摂取してから1時間後には対象者全員の指先の温度が約10度上昇した記録が残っています。

 

この測定によって、シトルリンを摂取すれば血管が拡張して血流が良くなり、その結果身体の新陳代謝が良くなって身体機能が改善されることが証明されました。

 

結論としては、シトルリンの最大の効能は、人間の老化の進展を抑制することにあります。

「人間は、血管の老化とともに老いていく」といわれますが、シトルリンは血管を活性化させるため、人々に摂取することを推奨されています。