ファクタリングでの資金調達のメリットと気をつけるべき事。

トップページ
お気に入りに追加
  

ファクタリングでの資金調達のメリットと気をつけるべき事。

まず、事業主が事業資金の調達をする事の一つにファクタリングと言う物があります。

ファクタリングは、未回収の売掛金をファクタリングの会社が買い取るサービスをしているのです。
企業間の取引の場合は現金払いでは無くて、掛売りによって取引をする事になります。

 

ファクタリングの一番のメリットは資金調達をする事が比較的に簡単だと言われていることです。
銀行やその他の金融機関の場合は、その会社の経営の状態などが重視されますが、ファクタリングが投資ではない為、審査に通りやすいと言われていますし、担保も不用なのです。

 

また、銀行や金融機関から融資が受けられなかった企業はファクタリングによって、資金調達を受けているので、黒字倒産を回避する為にもファクタリングの活用はとても有効だと言えるでしょう。

 

ファクタリングに必要な書類は、商業登記薄謄本と印鑑証明書、決済書のコピー、売掛先との取引内容が記された書類、売掛先と交わした基本契約書です。

以上の書類が必要となりますが、ファクタリングの契約に関する書類はまとめておいて、いつでも提出できる状態にしておくことがベストです。

 

また、一つファクタリングのデメットはいわいる、闇金融が、ファクタリング会社と名乗りを上げて、広告を出しているケースがありますが、非常に高い手数料を取るというものです。

それでは本末転倒になってしまうので、ファクタリングを利用する際には見極めも必要になります。